Company

会社情報

トップメッセージ

社員とその家族の幸福と成長を追及し、
社会の発展に貢献する

これまで、「VRを世の中に役立てる」ことを目的として研究開発に取り組み、”VRのソフトキューブ”として活動してまいりました。現在では、エンジニアリング分野へも活動範囲を広げており、「エンジニアリング分野での技術を世の中に役立てる」ことを目的に研鑽を積んでおります。

エンジニアリング分野に選択・集中した30年間の経験は、我々社員の頭脳、あるいはハードディスクのライブラリーの中に貴重な資源として蓄積されております。すなわち、エンジニアリング分野で培った技術、蓄積された資源をさらに広い分野に応用し、社会に貢献することがソフトキューブの存在意義であると考えております。

私たちは社会貢献できない技術を資源とは考えておりません。社会を担う役割を果たすための研究・企画・開発に努力を惜しまず、今後とも社会の発展に寄与できるサービスの提供をしてまいります。

これまで敷いていた事業部制のもとリーダーは部門の目標を達成することに邁進し、ある程度の成果を上げてまいりました。しかしながら、自部門の業務を優先することで他部門との連携が取れず、会社全体としてベストな成果を出すことができていない場合がありました。そこで、2019年度より事業部制を廃止しました。部門のリーダーをつくらず、開発スタッフをフラットな体制にすることで、スタッフ同士の連携がスムーズになりました。

ミクロの目標からマクロの成果に目を向けるようになり、一丸となって目標達成のために努力しています。その結果、個々のスタッフの技術が会社全体の資産として有効に活用できる体制となりました。週間ミーティングに社長・営業・マネージャー・開発スタッフが参加し、様々な視点から活発な意見交換を行い、社会に貢献できる仕事をone teamで取り組んでおります。

2020年度もこの体制で更なる成長を図り、より多くの場で活躍できるよう邁進します。

代表取締役社長 北村 雄吾

お問い合わせ

3DCG開発やVR開発に関するお見積り・ご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

本社・守口開発センター

TEL 06-6991-6881

平日 9:00 - 18:00

新大阪開発センター

TEL 06-6886-6881

平日 9:00 - 18:00

横浜オフィス

TEL 045-264-9290

平日 9:00 - 18:00